2005年07月18日

Old Days -piano edition-

とある友人様(微妙な言い回しですけど(笑))から
既存インスト曲のピアノバージョンは無いですか?と尋ねられました。
元々曲中でピアノは登場するものの、そこだけを抜き出しても
作品としては成立しないわけで。

実は思いがけず“良いきっかけ”を頂いたんじゃないかと直感し、
「では、ピアノ版作ってみましょうか」と引き受けました。

−・−・−・−・−

これまでにピアノでこの曲を弾く機会が在ったとしても、それは
「気が向いたら弾く」という程度の衝動から来るものでした。
曲想がゆったりしてる反面、コードの転換が割と煩雑なために
その場の思い付きで弾いたとしてもそれ自体が「一作品」として
成立することはありませんでした。

今回は予めどういうアレンジでまとめるかを決め、
それに沿って約1週間ほど集中して練習に励む。
手首がこわばってきたらそれは休憩のサイン、という感じペースで。

趣味で鍵盤を触るようになってから気付けばもう14,5年ぐらい経ちますが
こんなに真面目に練習をしたのは、鍵盤を初めて買った当時以来です(笑)
#14,5年やってる割に技量が伴っていないのは
#日々コツコツ練習していないから。これは当然の結果です(^_^;)


せっかくのチャンスなので、左手のアルペジオにも力を入れました。
今までは単にルート音→5度を行ったり来たりする程度の
ごく単純な動きで済ませてました。
サスティンペダルを使わない期間が長かったことも
左手の動く範囲を狭めていた一因ですね。

クラシックピアノで経験を積んだ方に弾いて頂くと
もっと曲の深みが増すと思いますが、
僕の今の鍵盤スキルだとこんな感じです。

『Old Days -piano edition-』

今回こうして“良いきっかけ”を与えてくれた友人様に感謝。

−・−・−・−・−

「鳴り」の参考になるようなピアノ曲CDを探したんですが
案外うちにはその手のCDが数多く在りませんでした(汗)
ピアノ曲、ピアノアルバムを幾つか聴き比べてみましたが
作品それぞれで「鳴り」が全然違うんですねぇ。

あるCDは低音弦のボゥーンという響きまで残した重低音ミックス、
あるCDは200Hz付近以下をカットして比較的聴きやすくしたミックスetc.。
今回の『Old Days』に関しては後者の鳴りを参考にしました。

ちなみに、聴き比べたアルバムのうち
前者は坂本龍一氏の「ウラBTTB
後者も同じく(笑)坂本氏の「BTTB [LIMITED EDITION]」です。参考までに。
posted by しう at 01:23 | 山口 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽(音声ファイル群)
この記事へのコメント
しうさん本当にお疲れ様でしたー。><
すごぉーーく素敵な曲に仕上がって。
感動です。。泣
人に優しくなれる気持ちを
思い出させてくれてありがとぉ☆
Posted by しゃらら。 at 2005年07月18日 04:35
わぉ、コメントありがとうございます!
もう当分の間は弾かなくてもいいだろう、というぐらい弾きました。
練習しなくて腕前が元に戻る悪循環キャンペーンの開始です(笑)

これからもふと思い出したときに聴いてやって下さいね。

どうやら梅雨が明けたらしい夏空の下、
ストレコさんの楽曲MP3をせっせこDL中であります(笑)
Posted by しう at 2005年07月18日 16:25
コメントを書く(管理者の承認後、掲載)
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。