2005年06月17日

アナタの声を頂きます。

5月の終わり。とあるお知り合いに対してMSNメッセ上で依頼。

「あなたの【声】で仮想楽器を作ってみたいのですが
 声を頂けますか??」


即答で引き受けて下さったその方に頼んだのは
1オクターブ余りの、それぞれ高さの異なる声。
「ラーー♪」というロングボイスで、6つほど録音をお願いした。

ー・ー・ー・ー・ー

一昨夜、その方からMSNメッセによるコンタクト。
声の録音が出来たとのこと。すぐにメールで送って頂く。

メール受信後、早速サンプル音の波形編集に着手。
まずは一番低い声(B=シ)から。
編集途中で、何か違和感があることに気付く。
繰り返し繰り返し、何度も声を聞いてみる。
...「ラーー♪」の後ろで何か「ピロロ...」と電子音らしきモノが聞こえる(汗)
その部分の波形だけカット出来ないかと試みるも
カットした前後の波形の相性が上手く合ってくれない。
無理に波形を繋ぐと「ブチっ」というノイズ発生の原因になる。
#後に、回避策としてクロスフェードという手法が在るのを知る
その旨を先方に伝えると、数分後
再度録音し直したファイルが送られて来た。感動。

ー・ー・ー・ー・ー

サンプル音の個々の編集が一通り終わった。

次に、この6つの音を鍵盤に割り当ててゆく作業。
鍵盤3つ〜4つで1グループを作り、そこにサンプル音を1つ割り当てる。
例えばド-ド#-レ-レ#までの鍵盤を押さえるとサンプルAが鳴り
ミ-ファ-ファ#-ソを押さえるとサンプルBが鳴る、という仕組み。
単に並べるだけで終われば良いのだが、その後も様々な調整が続く...。
詳しい行程は割愛(笑)

ようやく、ある程度の形になった...と思われる。
6つの声のキャラクター(声質、声の張り方etc.)が統一されてない分
高い鍵から低い鍵まで通して弾いたときのバランスはあまり良くない。
ループポイントの選び方とか、基本的なことが間違ってる気もする(苦笑)
ピッチの微調整とかも、その他諸々。細かいことを挙げればキリが無い。
充分経験のある人なら統一感をもっと出せるとは思うのだが
今回のような作業、実は初めてだったのである。まさにプロトタイプ。

実用に向くかどうかは、今の完成度ではちょっと微妙(汗)なのだが
ふさわしい場面さえ見つかれば、今回の仮想楽器はより生きると思う。

例えば、こんな感じ。

tiyu-synth "ANTHEM" / (C)2005 shu-shu

声の主に心から感謝を込めて。
posted by しう at 23:07 | 山口 | Comment(6) | TrackBack(0) | 音楽(音声ファイル群)
この記事へのコメント
声の主としうしゅさんに感謝の意をこめて


この曲は、キャリアの僕には最高の麻薬ですね。

ありがとう。

後悔することなく 逝けます・・・ (どこへ?)
Posted by swing☆apple at 2005年06月19日 09:33
おぉ、無事に聴けたんですね〜。

待って下さい。僕も色濃くキャリアです(笑)
Posted by しう at 2005年06月19日 15:47

  おねがいされて

わたすまで かなり間が あいちゃった

  それは ぜったい わたし

 ら − とか 六個も できないから!

 って あとのばしに してたから ☆

     で     も

ぶじ さくひんに なったのは ☆

しうしゅちゃんの おかげなのです ☆


  やあ − ったね ☆

     やあ − ったね ☆


しうしゅちゃんも  ゆれも ごいっしょに


 やあ −ったね  やあ − ったね ☆


Posted by やあ-ったね過度使用ちゃん☆ at 2005年06月30日 02:46
とうとう侵入されてしまいましたね(笑)

やあ ー ったね♪
やあ ー ったね♪


※ゆれさんへ。この書き込みに気付いたら
 ためらわずに加勢して下さいね(笑)
Posted by しう at 2005年06月30日 22:10
やあ − ったね ★
やあ − ったね ★
やあ − ったね ★
やあ − ったね ★
  


    なんて幸せな響きなんだろう・・・(らぶ
Posted by ゆれ at 2005年07月06日 13:05
えぇ、らぶが溢れてますよね。
実際に口に出して言えたらどんなに楽か(違)
Posted by しう at 2005年07月07日 00:21
コメントを書く(管理者の承認後、掲載)
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。