2005年04月09日

いつか来た道

父方の祖母の七回忌法要のため、
父の故郷である長崎まで“日帰り”帰省をしてきました。


あまり寝つけぬまま、4時に起床。
5時過ぎに、深い霧のなか自宅を出発。

まだ陽が昇る前という時間帯ということもあってか、
高速道路に入ると長距離トラックの姿が多く見受けられました。
とりあえずその波に混じって、行くべし行くべし。
時速100〜130km/hのペースでひた走ります。

8時30分ごろ、高速道路を抜けて下道へ。
島原半島の海沿いをこれまたひた走ります。
外海もまた、深い霧に覆われてました。

9時過ぎ、無事に到着。

自力運転で長崎へ帰省するのはこれで3度目。
特に1度目のときは、父がいなくなって初めての帰省で、
幼い頃の助手席から見えていた風景を思い出しながらの
ホントに探り探りの旅でした。
若干道に迷って遠回りしたものの、5時間半ほどで到着したのでした。


3年ぶりぐらいの、祖父との対面。
年末年始は体調を崩していた祖父でしたが
顔色も良くて、ひとまず安心。
今年で満89歳。
父や祖母の分まで長生きしてくださいね。

近隣の親戚が徐々に集結。
11時から法要開始。
七回忌法要にしては、お坊さんの読む経文の数が少なかった気が(汗)
ひと通りの儀式が済み、お坊さんのありがたいお話。
ですが、肝心の部分がディープな方言で述べられたために
山口県民の僕と母にはさっぱり??という、いつものパターン(笑)

12時から近くのお店にて食事会。
今回は車での参加のため、僕はソフトドリンク(ガラナ)を。
おじ、おば、いとこ達と談笑。

14時過ぎ、午前中の霧はほぼ消え、陽光差し込む中
会場を後にしていざ本州へUターン。
海沿いでは、ちょうど潮干狩りの時間。蟻のような人集り。

長崎異人堂にて
途中、長崎に来た際は大抵立ち寄る
カステラ屋「長崎異人堂」へ。

国道を抜け高速道路へ。
朝とは違い、行楽地への行き帰りのせいなのか
車の数がグンと増えた気がしました。

16時50分頃。ここで来ました眠気のピーク。
こういうときに限って3000mを超える距離のトンネルが2つも続く。
風景の変わらないトンネル内で意識を失いそうになりながらも
なんとか凌ぐ(汗)

次のSAでしばし休憩を取り、ラストスパートへ。
橋(高速走行中)
朝と同じ「橋」を渡り、本州上陸。

18時前、自宅へ無事帰還。

一日のうちに500km以上運転するのは
今回が初めてでした。
前日あまり寝られなかったので疲労倍増。

ー・ー・ー・ー・ー

行き帰りの道中であまり退屈しなかった理由として、
満開の桜の景色がず〜っと続いてたからかな、とも思いました。
桜の他にも、モクレンや菜の花etc.

まぁあとはいつもの通り、
車中でずっと歌ったりハモったりしてました(笑)

ー・ー・ー・ー・ー

本日運転中に流れていたアルバム:
TRUE』『LOVE』/中島美嘉
星空のライヴ』/MISIA
posted by しう at 23:20 | 山口 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日常
この記事へのコメント
車で1日500キロは走ったことがありません。
大変でしたね。
風の強い日に「橋」に出た瞬間、いきなり隣の車線に
流されて、ビクッとしたことがあります。
「横風注意!スピード落とせ」と書いてある意味がよくわかりました。
お疲れさまでした。
Posted by ゆおりん。 at 2005年04月10日 09:02
見晴らしの良い箇所になると突然横風が吹き
そういうときに限って120キロ前後で走ってたので
ハンドルを握る手の平にイヤな汗をかきました。

佐世保バーガーは、また別の機会に(笑)

先程、余震がありましたね。
こちらでは震度1でしたが。
なかなか収まらないものですね。
Posted by しう at 2005年04月10日 22:35
コメントを書く(管理者の承認後、掲載)
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。