2006年10月24日

ちんまりまとまって、心地よい一日。

もう昨日のことなんですけども。

ホント、思うんですよ。
大人になって、ある程度の年齢になってから
こんなに普通に笑い合える仲間達に巡り会えるなんて
そうそう無いってこと。
半日一緒にいても、それでも時間が足りないと感じるんです。
一見するとそこは不思議な空間だけど
気づけば不思議じゃなくなってる空間。
そして、今までの僕には持ち得なかった“居場所”というものが在る。

061023kojinmari_faces.jpg

7人のうちの誰か1人でも欠けていたら
きっとこうはならなかった気がします。

お互いがお互いの小さな幸せのために何か貢献出来ないかを
いつもいつも考えている、あの温かさが好きです。
それが例えば
「ぷぷっ」と小さな笑いを取るためであっても
「これ、おいしい」の一言のためであっても
種明かしに驚く声のためであっても。

恵まれた時間と皆に、感謝を。


すみません、真面目ぶっちゃいまして!
でも大真面目で書いてますよ。

memo:
重要な場面でのジャンケンには弱く
重要でないときにはやたら強かった。
これはどうしたものか...。

P.S.
僕の表情が物語っていなかったことは重々承知してますが
手料理、おいしかったです。>シェフご両名

061023dish01.jpg 061023dish02.jpg 061023dish03.jpg
posted by しう at 18:23 | 山口 ☀ | Comment(9) | TrackBack(0) | 日常
この記事へのコメント
料理の写真、上手に撮ったねー!
パスタ、味うすかったはずなのに
みんなおいしいってたべてくれてよかった。
でもあのあと作った
鮭ときのこのクリーム系の方が
どう考えてもおいしかったの・・・
ごめんなさい。
次回は旅人にたくすからね(^^)

見事に白い食器しかないねー(><)
Posted by おっきー at 2006年10月24日 20:22
大人になってから・・・
これってずっと以前からよく話してたんですよね、いろんな人と。
いつまでも残ってる数少ない友人って学生時代の友達しかいないなぇ〜と。。。
しかも男友達だけですが・・・(笑)

託さないで><;;
じゃあ、しうしうがヘルプについてね^^
うちも白い食器ばかりですよ〜、こだわりみたいです^^
Posted by 風の旅人 at 2006年10月25日 06:43
ほんとだね〜。
普通だったら、「今日はこれで・・・」って、先に帰る人がいてもおかしくないのに、最後まで一緒。
しかも、常に立ち話、みんな帰んないし(笑)

相当楽しいんだろうな〜って思った。
もちろん、私も相当楽しかったよ♪

悪いけど、しうしう、じゃんけんに限らずだけど、本番にはつおいのよ!
Posted by りらくまぃ。 at 2006年10月25日 09:42
もぉみんなの日記もコメントも読んじゃって我慢出来ないよ、泣いちゃうよ、しうしう胸貸してよ、いつか貸してあげるからさ。
白い食器に白いテーブルすごくいい☆
パスタの手は私だね(^^;)写るんだったら「ち」とか書いときゃよかった!チッチキチー♪
Posted by あ〜ちゃん at 2006年10月25日 12:24
■おっきー
たった200万画素の携帯ですが、構図と補正次第でガラリと見違えます。
いや、レンズを向けるその先に愛情が在るから。ですよ!(違、わない)
ここで珍しくわがまま事項を一つ。
手料理、また食べたいです。宜しくお願いします。

■風の旅人さん
大人になってからだとなかなか深い付き合いまでいかなくて
どこかヨソヨソしいというか、一定の距離からは踏み込めないのが常で。
まぁそれが通常といえば通常なのかもですけど。
だからこそこういう例外もあっていいんじゃないか、と感じています。
次回、僕がヘルプ役?? それは無茶ですから。
おとなしくZiplocでも洗っときます(笑)

■りらくまぃ。さん
立ち話...。それって僕が道を間違えてなかなか戻ってこなかったあの時間帯とか(汗)
おっきーからの電話の横でぶつぶつ言ってた人が一名いらっしゃるらしいですね...(笑)
というか、キッチンで洗い物をしながら話してる女子部の姿が
すごく日常的な光景に感じられました。平和だわ。
「本番にはつおいのよ」は判ります。
あの日、肌で感じられるほどの強いオーラに触れた気がしました(笑)

■あ〜ちゃん
我慢出来なくて、僕は泣きましたよ(笑)
胸を貸すのはいつでも構いませんが、一緒に泣いたらごめんなさい(台無し)
「ち」って書くんだったら、指にではなく
まぃさんみたいにネイルアートでセンス良く豪華な「ち」を。
それは次回に期待(ニヤリ)
Posted by しう at 2006年10月25日 20:22
>一見するとそこは不思議な空間だけど
 気づけば不思議じゃなくなってる空間。

この言葉に激しく同意。そうそう!!

>レンズを向けるその先に愛情が在るから。ですよ!

愛情か・・・私も次回は、写真部に入部しようかな。
Posted by まさおU at 2006年10月25日 20:53
写真部!いつ出来たんだ写真部!(笑) 部費とか発生しませんよね?(違)
まさおさんの心の視野の広さから切り取られる光景を是非見たいです。
次回もあらゆる場面で愛情に触れる気がします。
Posted by しう at 2006年10月25日 23:59
いや、
あのサラダ→スープ→トマト→お肉→パスタ→デザートにプリン

見事な組み合わせのコースだったと思います。

あ、クラッカーも(笑)。

そして自分はあのポテトチップスを、
結局持って帰ってなかったことに、
帰宅して気づきました(爆)。

さらに翌日、結局渡し損ねた”ドシル”も発見。
次回!ではおそいかな?
Posted by ゆきさきの父 at 2006年10月26日 10:42
僕はスープを途中までで残していて、叱られました(笑)
コース料理の経験なんてほとんど無いですけど、幸せでした。
プリンの出されるタイミングはベストでしたねー。

ドシル、それは僕も頂けるんですか!?(笑)
ちなみに某さんへ。
ドルチェではなく、ドシルです。
確か、ドシルの意味は「素直」です。
Posted by しう at 2006年10月26日 22:11
コメントを書く(管理者の承認後、掲載)
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。