2006年10月20日

Lately:いつの間にやら4000人超え

さて、ここには弾き語り映像を載せたりしておりますが
他の楽曲に比べ閲覧数が突出してるのが『Lately』です。

今チェックしてみたところ
これまで述べ4040人の方々があの映像にアクセスしたらしいです...(汗)
さすがはStevieの作品の中でも1,2の人気を争うバラード曲。

0610xx_lately_over4000.gif

世界のStevieファンの皆様、閲覧ありがとうございます。
そして深く、恐縮です。


で、懲りもせず再度URLを(マテ)
http://www.youtube.com/watch?v=b8ny31DPXA0


最近とある経緯でこの映像を初めて目にしました。
Stevie本人が歌う『Lately』です。
ヒゲの生やし方とまだスリムな体型加減から
80年代後半あたりのツアー映像じゃないかな...と。確証は無いですけど。
http://www.youtube.com/watch?v=HyW-X4ym2l4

もう一つ。韓国の歌手イム・ジョンヒさんが
路上ライブで歌った『Lately』もありました。
女性が歌うとまた違った雰囲気の歌になりますね。新鮮。
でも、本来の歌の内容は
「自分の彼女の最近の挙動に対して、小心になってる男」
が主人公なんですけどね(^_^;)
http://www.youtube.com/watch?v=36YD9OJW9h4
posted by しう at 01:27 | 山口 | Comment(5) | TrackBack(0) | 音楽(情報&雑記)
この記事へのコメント
ようつべのカウント増やして来ました(笑
味わい深い曲ですよねぇ。
ん、いい曲だよね。本当に。
Posted by key at 2006年10月20日 20:19
4000超えおめでとうございますっ。
私も、世界の色んなLatelyを探す中、カウントアップに協力させていただきましたw

このライヴ動画はホントすごいですよね。
転調ら辺からのアレンジ、必死に練習していますw
気持ちが高ぶってくると、声もドンドン高くなる(それでいてしれっと歌える)Stevieには脱帽ですw
Posted by 薫 at 2006年10月21日 20:44
■keyさん
ありがとうございますー。
その1票が明日の日本を救います(違)
良い曲です。何より「無駄がない」んです。

■薫さん
前もってyoutubeで見つかってしまってたというのが、笑えます(笑)
Stevieの歌声って、時代とか時間とかが一切関係ないぐらいに思えます。
ドンドン高揚していくと言えば、
BabyfaceのMTVアンプラグドに参加したときの
『How Come, How Long』のラストが凄いですね。
同じようにライブCD「Natural Wonder」版の『Ribbon in the Sky』のラストも
声がピーーンと突き抜けていきます。スゲェ!(笑)
Posted by しう at 2006年10月21日 23:01
Natural WonderのRibbon In The Skyはホントすごいですよね!
私も初めて聴いたとき、アレンジのすごさに思わずニヤニヤしてしまいましたw

Natural Wonder全部を通して言えることですけど、どれ一つとして原曲通りっていうのがないんですよねぇ。
事前から決まってるのもあり、即興でやってるのもあり。
音楽を愛し、音楽に愛されてるからこそ出来る芸当だと思っています。

日本にいるとどうしても、決まった形に歌をとらえすぎている気がしてなりませんね。
カラオケでも採点機能なんてものがあり、音程等を原曲通りに歌わないとダメだったり。
そんな中、Stevieをはじめ洋楽の色んなアーティストを聴いてると自由を感じます。

なんかよく分からない文章になってしまいましたが(w)、私もそういう型にとらわれない音楽をやっていきたいと常々思っております。
Posted by 薫 at 2006年10月22日 10:07
あのライブのRibbon in the Skyの間奏のハーモニカの一部が
日本の童謡「さくらさくら」だったり。芸が細かいのも良いですね(笑)

僕自身も「同じ演奏は2度やらない」って意識で弾いたり歌ったりしてます。
まぁ「やらない」んじゃなくて「やれない」って言ったほうが正解ですけど(^_^;)

薫さんがつい先日書いてらした
「音楽を愛していない人は、音楽にも愛されない」
という内容のフレーズには、何か背筋を伸ばされた気がしましたよ。
Posted by しう at 2006年10月22日 22:08
コメントを書く(管理者の承認後、掲載)
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。