2006年09月28日

いつか叶えたい光景、の卵

次回はいつだか未定だと思いますが
どうせ手元を見なくてもある程度のことは出来るので
今後は可能な限り横顔を見つめることに専念します。
それがお互いに出来れば尚更良し。
いや、それでは横顔じゃなくなるか...。なんつって(何)

無意味そうな格言:
ホットな飲み物に気をつけろ。
まぁいずれ常温に帰するのだが。
posted by しう at 22:30 | 山口 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日常
この記事へのコメント
しうしうが、しうしうが、
「見つめる」という単語を!!!
どこで覚えてきたのそんな言葉!!!

集合!!!(←こればっかり言ってる)
Posted by おっきー at 2006年09月28日 22:49
あぁーもう、そろそろしうしうが定着するんでしょうかね。
知りませんよー僕はー(※香川さん風に読もう)

見つめる。見つめる。見つめる...。
あぁ、確かそんな日本語があったなと思いまして
錆び付く前に使ってみることにしました(笑)
Posted by しう at 2006年09月28日 23:11
積もる想いが熱を冷まさない事もあります。
触れていないと落ち着かない世界もあれば、
想うだけで伝わってしまう世界もあると思います☆
Posted by key at 2006年09月29日 21:39
鼓動の瞬間ひとつひとつすら愛おしく感じます。
何かを伝える手段は「言葉」に限定しなくてもいいんだ。と気づく日々です。はいー。

積もる想い。それは熱を起こす風にもなりますが
積もり過ぎたらどうなるんだろう...って不安も。確かにあります。
その加減はきっと本人が調節するしか無いんでしょうけども。
Posted by しう at 2006年09月29日 22:01
コメントを書く(管理者の承認後、掲載)
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/24579500
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。