2006年09月14日

目醒めの涙

目醒めて、気づいた。
僕は涙を流している。
しかも滔々と、新たな涙が溢れてくる。
声は無く、ただ涙だけが。
こんなコトはしばらく無かったのだが。

何か胸打つ夢でも見たのか? いや、憶えていない。
何か悲しい夢でも見たのか? いや、憶えていない。
何かに心を満たされたのか? あるいはそうかもしれない。
何かに想いを救われたのか? あるいはそうかもしれない。

気分はいたって穏やかそのもの。
沈みもせず、躍ってもいない。
なのに、止まらない涙は尚も続く。
久しぶりのそれは、温かくて
不思議なほどにサラサラしている。

詳細不明の涙は涸れた。
体を起こし、ベッドを抜けて
階下の夢有に会いに行った。

moo060914_stairs.jpg
posted by しう at 22:18 | 山口 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | 日常
この記事へのコメント
何気にわかるつもり。
とても安らかな気持ちになる涙。
誰かに優しくなれる涙。
そんな時、傍にいてくれる彼らに尚癒される。
”久しぶり”・・・過去を見ても、これってなんなのだろうと思う。
夢を見てたのか、現実を夢で思い返してたのか、
それはきっと人がこころから満たされた証しに流れるものかもしれないですね。そう思いたい。
Posted by 風の旅人 at 2006年09月14日 23:26
見てる!ものすごいこっち見てます!
早く降りていってあげて!!

階段のぼれないのね?むうは。
Posted by おっきー at 2006年09月15日 10:18
キュ〜ン.......
Posted by あ〜ちゃん at 2006年09月15日 13:22
「あるあるwww」とデカイJrが申しております。
Posted by key at 2006年09月15日 21:03
■風の旅人さん
理由の見つからない物ほど遠くにある物は無いなぁ、ってたまに考えます。
今回のも謎ですが、良いタイミングだったんじゃないかなと。そんな気がします。

■おっきー
「(上を向く)お、発見!」という感じです、毎日。
早く降りていったのは良いんですが、この日は戯れる時間が
いつもより短かったのが寂しかったです(笑)

■あ〜ちゃん
キュンキュ〜ン(違) 大丈夫です。

■keyさん
「だろ?」<キャラが違う(笑)
Posted by しう at 2006年09月15日 22:10
コメントを書く(管理者の承認後、掲載)
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。