2006年06月17日

Thunderbird導入、か。

使用メーラーをSweetMail(Carbon)からThunderbirdに移行しようかと。
動作が軽かったり署名欄の切り替えが簡単なのは
もちろんSweetMailのほうですけども。
たとえばHTMLメールが送られて来たときにそれが読めないとか、
Carbon版のせいなのかデフォルトメーラーとして動作しない等の
不都合があるのも事実。
mailto:リンクをクリックするとMail.appがしゃしゃり出てくるのが嫌です(笑)

というわけで、移行テストも兼ねつつ徐々にフェード。
その備忘録。
自分のためと、どこかにいる似たメーラー環境の人のために。

−・−・−・−・−

■SweetMailからThunderbirdへ、メールデータの受け渡し。

ここで問題なのは文字コードの違い。
SweetMailはShift-JISで保存されている。
これをそのままThunderbirdへ持ち込むと文字化けを起こす。
もちろんThunderbird側で文字コードを変更すれば読めるのだが
それは一時的なもの。データそのものの文字コードが書き変わるわけじゃない。

仮にThunderbird側が譲歩する形で、該当フォルダ内のメール表示を
Shift-JISに強制指定すれば文字化けも回避出来るのだが、
以後Thunderbirdで新たに受信したメールをそのフォルダに振り分けると
そいつだけ文字化けを起こす、という困ったことになる。

■QKCで文字コードを変換

QKCは、文字コードを任意のコードに変換するプログラム。
http://hp.vector.co.jp/authors/VA000501/
Mac版が無いので、UNIX版をダウンロードしてmake。

ターミナルを起動。
解凍して出来たフォルダをカレントディレクトリにして

make
sudo cp qkc /usr/local/bin

これでQKCのインストール完了。

次は実際に文字コードを変換。
さてSweetMailのメールデータの場所だが
僕の場合はOS9側のフォルダのエイリアスをOSXで読み込んでいるので

SweetMail 2.2r6 Classic/Mail Spool/Mailbox/

OSXのみで使って来た人の場合は

(アカウント)/Library/Preferences/SweetMailSpool/Mail Spool/Mailbox/

それぞれのデータは
(例)mailxxx
   mailxxx.toc
といった2種類のファイルで構成されているが
実際のメール本文データは拡張子.tocの無い上側のファイル。
失敗したときのためにファイルのコピーを取った上で
いざ変換。ターミナルから

qkc -j mailxxx

一瞬で文字コードが変換される。
オプションの -j でJISコードに変換。
-e でEUCに
-s でShift-JISにそれぞれ変換可能。
改行コードも変換可能らしいが、今回は関係ないので割愛。

ちなみにメールデータのファイル名が日本語(2バイト文字)だと
そのままターミナルにD&Dで突っ込んでも挙動がおかしくなるので、
予め半角英数字のファイル名に書き換えた上で文字コードを変換。
そのあと元の(or お好みの)ファイル名に戻せば無問題。

変換の終えたメールデータを以下のディレクトリへ移動。

(アカウント)/Library/Thunderbird/Profiles/(英数字).default/Mail/Local Folders/

Thunderbirdを起動。
無事にmailxxxがフォルダとして認識される。
メール本文・タイトルも文字化けせずに閲覧出来る、はず(笑)

全部が全部変換に成功するとは限らないので
1フォルダずつ徐々に進めます。(進めましょう。)

−・−・−・−・−

少しだけThunderbirdを使ってみて残念だったのは
ヘッダのReferencesやIn-Reply-Toがハイパーリンクにならないこと。
SweetMailではこれらのリンクをクリックすることで
どのメールがどのメールの返事に当たるのかが一目瞭然なので。
スレッド表示は一応可能だが、それはさほど嬉しくない(笑)
posted by しう at 00:42 | 山口 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mac使い
この記事へのコメント
コメントを書く(管理者の承認後、掲載)
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。