2006年06月01日

雪だるまが落とし穴 -piano mix-

しばらくぶりの「アカペラに演奏をつける」スレッド関連のお話。
まずこちらの、心和むアカペラをお聴き下さい。


http://shu-shu.up.seesaa.net/sound/kodori_yukidaruma.mp3

奇しくも、去るエイプリルフールに投稿されていた音源なのですが
つい数日前、友人とのやりとりでこの歌の話題が再浮上。
該当スレを見渡しても、今のところ誰も演奏をつけていない模様。
テンポが一定でない・節回しに微妙な箇所があるのが
演奏(特にPC等による打ち込み)が乗せづらい原因だと思われます。

じゃあ、ということで自力でピアノを乗せてみました。


http://shu-shu.up.seesaa.net/sound/osashu_yukidaruma_pianomix.mp3

シュールかつファンタジックな内容の歌なので
それに見合った曲展開になれば良いなぁ、と試行錯誤。
前半のメロディーの、調性があいまいな箇所にどういう和音を置いたら
曲が自然な形で流れてくれるだろうか。これがカギでした。
あと、主人公の雪だるまがピンチになった場面から
明るいサビ部分への移り変わりに軽く注目して下さい(違)

ピアノ経験者であればペダルに頼ることもなく
リズミカルな演奏が可能だと思いますが、
自己流の僕の技量では細かいニュアンスは出せません(汗)

それでも、いつも忌憚なく厳しい意見をくれる「音楽の級友」が
今回珍しく良い評価をしてくれたのが嬉しゅうございました(笑)

どこかで巡り巡って、この歌声の主&親御さんが
これを聴いてくれたら面白いだろうなぁ。

−・−・−・−・−

うちにも、僕が3歳11ヶ月の頃に歌った音源(カセットテープ)が
1本だけ残っています。アニメ主題歌ばっかり収録(笑)
今でこそ家庭用ビデオカメラが普及している時代ですけど
こういった「音の記録」も是非残して頂きたい!!

と、世の親御さん達に願うばかりであります。
言える立場じゃないんですけどね(笑)

−・−・−・−・−

【追記】
原稿を大まかに書き終えた後で
何気なく歌詞の1フレーズで検索していたら、
歌い主さんが見つかりました!!
なんと、弱冠5歳のポッドキャスター (°o°/)/
いよいよ凄い時代になって参りましたね。未来は明るい(^_^)

http://kodori.seesaa.net/article/27029178.html

そして今度は逆に、僕がサプライズを受けました。
日頃あまり感情をオモテに出さない僕ですが
さすがにこんな形のサプライズには顔がほころびました。
というか不覚にも涙が出そうに。お恥ずかしい(笑)

http://kodori.seesaa.net/article/27029216.html

こうして人との出逢いを引き寄せたり、笑顔を運んだりもする。
そういうコトを可能にしてくれる「音楽」の存在に感謝。

あと一言付け加えるならば
流行り廃りに関係のない音は、やはり僕の性に一番合います。
posted by しう at 21:19 | 山口 | Comment(2) | TrackBack(1) | 音楽(音声ファイル群)
この記事へのコメント
ずげー!!!
完璧だ!
あとで伴奏をつけたなんて説明されないと解りませんよ。
Posted by kikan at 2006年06月11日 03:27
泊まりに来ていた妹にも聞いてもらいましたが
いい感じにウケてました(笑)
特に「埋まって どうしようー」の箇所の和音の雰囲気は
僕が説明するまでもなく意図を汲んでくれました。
Posted by しう at 2006年06月11日 21:36
コメントを書く(管理者の承認後、掲載)
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


「ブログの女王」第19回
Excerpt: 冒頭はアニメーションで、PC世界の荒野に、ポツンと番組マスコットのしろまるくんがいる。 ふと、しろまるくんが とある場所に走っていく。 そこで見つけたものが、なんと、ダイヤの原石♪  眞鍋の..
Weblog: つれづれなるままに
Tracked: 2006-08-20 06:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。