2006年04月26日

しばじゅんバトン

しばじゅんバトン。

正式な名称は確か
「柴田淳に関する、10の質問」

−・−・−・−・−

Q1. 柴田淳のファン暦は?

本格的には、2002年の年明けぐらいから。

Q2. 柴田淳を知ったきっかけは?

2001年の初冬、
深夜のローカル番組(新作映画や新曲PV紹介など)を観ていると
彼女の1st.シングルのPVが流れました。
珍しくチャラチャラしていない歌い手さんがデビューしたなぁ、と
その日はそれぐらいで終わりました。
アーティスト名も憶えずに(笑)

年が明けて2002年。
知人のサイト経由で2nd.シングルのPVを拝見。
少し乾いた感じの切り口の歌詞が妙に心に残って。
で、「あ、あのときの新人さんか!」と
ここでやっと、顔と名前と歌が繋がったわけです。

Q3. 柴田淳のCDは何枚持っていますか?

アルバムは1〜3枚目までと、インディーズ時代の4曲入りミニアルバム。
シングルは1st.『ぼくの味方』〜『未成年』までの7枚。
※シングル『ため息』は未所持

しばじゅんCD

Q4. 柴田淳の魅力は?

特に初期作品に感じられる
紙で指先を切ったときの痛みに似た感覚。
それと双璧を成すオトボケキャラ(笑)

Q5. 柴田淳の曲の中で特に好きなものを3曲挙げてください

1st.アルバム収録曲は秀逸で選べないので、外すとして。
『パズル』『空の色』『忘れもの』
一緒に歌うと身震いします。
#『パズル』はインディーズ時代の楽曲。
#他2曲はシングルCDのカップリング曲。


Q6. 柴田淳の曲の中で、実体験とリンクする曲はありますか?

『いちばん星』
リンクしません(笑)けど、僕の内面的な基本姿勢。

『一緒に帰ろう』
リンクしません(笑)けど、僕の描く幻想(汗)

Q7. 柴田淳を色で例えると、何色?

薄暗い紫から空色にかけてのグラデーション。

Q8. 柴田淳の歌を生で聴いた事はありますか?

無いですよ(汗)
2002年ぐらいにWOWOWで放送されたライブを
全編観たいんですけども。

Q9. 柴田淳の曲をカラオケで歌いますか?

振り返ってみると、歌ったこと無いかもしれません。
でも皆、しばじゅんの歌を知らなさそう...という現実が(笑)

Q10. 柴田淳に期待する事は?

坂本さん*1と組んだ2nd.アルバム以降の収録曲は
どれも似た感じの完成形になってると思うんです。
個人的には初期に於ける澤近大先生*2(笑)の仕上げ方が好み。
しばじゅんの楽曲限定で、アレンジの印象を表すと
坂本さんはホール感漂うアレンジ。
澤近さんはルーム感漂うアレンジ。

しばじゅん自身に期待することは
「ステージで緊張し過ぎないでね」(^_^;)

*1坂本昌之:アレンジャー。
しばじゅんアルバムでは主にピアノ担当。
*2澤近泰輔:アレンジャー、キーボーディスト。
“大先生”は往年のCHAGE&ASKAファンにはお馴染みの呼称。

▼参考リンク
柴田淳オフィシャルサイト
柴田淳の月と太陽 Podcast
▼参考エントリー
やっと届いた〜しばじゅんDVD〜
posted by しう at 23:55 | 山口 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | バトン
この記事へのコメント
Q6 : 実は、全然リンクしてないじゃないですか!!(笑)
Posted by 西村 at 2006年04月27日 06:13
せめてリンクしてる気分にさせといて(笑)
Posted by しう at 2006年04月27日 21:55
コメントを書く(管理者の承認後、掲載)
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。