2006年04月08日

sound clip『二人の景色』


http://shu-shu.up.seesaa.net/sound/osashu_futarinokeshikI_dub.mp3

−・−・−・−・−

まずは声の主に感謝。

先日と同じく、某所のアカペラスレッドに投稿したオーバーダブ音源。
今回はピアノで伴奏を付けた上、部分的にコーラスで参加しました。
楽曲の流れを判りやすくする意味も含めて
コード進行も割と素直なモノに抑えました。

自分で多重コーラスを作るのに比べ
やはり他の誰かの声とハモるのは、得られる気持ち良さが違いますね。
あと、音程の面だけで上手くハモれている場合よりも、
お互いの声質が絶妙に合わさったその一瞬に、深く感動を覚えます。

音楽自体に感動することはもう滅多にありませんが(枯れ過ぎ(笑))

参考URL:
http://www.yonosuke.net/dtm/6a/15334.mp3
元々投稿されたアカペラ音源です。
一定期間が過ぎるとファイルは消失しますのでご注意を。
#諸処の問題を考えてハイパーリンクは無効にしていますので
#URLをコピー&ペーストする等して対応して下さい(^_^;)
posted by しう at 22:48 | 山口 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽(音声ファイル群)
この記事へのコメント
やっぱり鍵盤ばかりに耳がいってしまうw
ああなるほどって感じで聞いてまう。
音楽自体に感動することなくなったかあ、なんとも悲しい(´・ω・`)
でも、自分もすこしそういうとこあるかも。
ちょっと理屈っぽく聞こうとしてるのが嫌だっていう
聞いて良い!って思ってもそんな喜んでる自分にその音楽の聞き方どうなの?みたいな感じで....。
病気ですかね(´・ω・`)
Posted by ごぼう at 2006年04月30日 04:42
鍵盤、中盤辺りまではポップスらしく判りやすいアプローチで良いんですが
後半は音がやたら重なってしまった気もします。
無計画に弾くとそういうワナに陥りますね(笑)

音楽を聴いて感動するのは本当に少なくなりまして、
どうしても「分析耳」が出しゃばりますね(汗)
ゴスペルやってた頃は、ある瞬間皆の声がビシっ!とハモれた瞬間に
全員揃って「...ぉぉおおーーっ!」って感動出来る一瞬もありました。懐かしや(笑)
Posted by しう at 2006年05月02日 01:08
コメントを書く(管理者の承認後、掲載)
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。