2004年11月20日

ひととおり録音終了。

先日も書きましたが、某インターネットラジオのスタッフさんやリスナーさん達が自主的に参加して楽曲を仕上げる、という企画が進行中です。昨年(第1回)も誘われたんですが、絵に描いたような多忙な毎日だったので、泣く泣くお断りした次第でした...。

今回任されたのはオルガンパート。

今までの自作曲の中でもオルガンが登場したことは無いです。つまり、苦手なので敢えて避けていた楽器なんです(笑)

まぁ勉強にもなると思い、去年のリベンジも兼ねて、二つ返事で引き受けました。

MIDI制作環境は、先日の埃まみれの大掃除ですでに再構築完了。
↓こんな感じです。90年代の薫り漂う簡素な環境です(笑)
簡素なMIDI制作環境

曲の演奏時間は5分ほどなんですが、実際問題、演奏の下手な僕としては5分で録音が終わる訳は無いはずでして。この1週間、述べ15,6時間は弾いてたと思います。下手すぎ(汗) 僕の場合MIDIデータでの提出になるので、例え演奏を間違えても後で修正可能なのでいくらか気は楽なのですが(^_^;)

楽曲のラストは大人数による合唱で締めくくる(予定)のですが、その部分のアレンジは「各楽器のプレイヤーに任せられている」箇所なので、当初その場での直感的アドリブだけでなんとかなると思ってました。ところが、とてもじゃないですが、演奏技術が伴わないので弾こうにも弾けません!(笑)

やはりある程度事前にアレンジを固めておいたほうが吉だと思い、五線譜ノートを久しぶりに取り出して、合唱の間を縫うようなフレーズを構築していきました。
コーラスを縫うオルガン譜(2段目)
譜面に書き出すことによって、演奏中に「次はどんなアドリブをかませばいいんだ?(焦)」と余計な頭を使わずに済みます。

他のパート(ベース、ギター等)の演奏がまだ上がって来ていないので何とも言えませんが、とりあえず、現時点で僕の受け持ったオルガンパートはほぼ完成、ということになりそうです〜。

posted by しう at 18:21 | 山口 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽(情報&雑記)
この記事へのコメント
久しぶりに次兄のMAC拝見ですね。
あのときのことが記憶の引き出しから、溢れ出てきます。

久しぶりの音楽活動ですね。仕上がったもの是非お聴かせ錫。

Posted by とく at 2004年11月21日 23:07
今度歌うときは、録音前に飲み過ぎないようにしよう。お互いに(笑)
Posted by しう at 2004年11月28日 01:41
コメントを書く(管理者の承認後、掲載)
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/1086010
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。